模型開口堂

ゆっくりプラモデルを作っていきます。模型雑誌のコンテストにも定期的に参加していきます。

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

HGUC ザクⅡF2型+ドラッツェ⑪

日曜日(2/5)に新潟のモデラーが集まり、楽しい時間を過ごしました。

ただ、店の照明が暗すぎて見せ合いっこ会なのに見えねーっつーの!次は照明の明るい店にしましょう♪

まぁ、飲み屋で、なおかつ個室は何処も照明はあんなもんかもしれませんが・・・(まさか、おっさん達がプラモ出し合ってワイワイ騒いでいるとは思わんがな。店のオネーチャンも困った顔してたし)

見せ合いっこ会ですごく気になった作品を1つだけ見せちゃいます。製作途中ですが・・・。

製作者:拓氏 「ゾゴック」

CIMG1711_convert_20120208193603.jpg

ほとんどタミヤ製ですね。

その席で、みんなに「ドラッツェミーティング間に合わねんじゃねぇ?」と言われたので、気合を入れてがんばろうと思います。間に合ったら、褒めてください。

間に合わなかったらゴメンなさい。その時は普通のF2ザクに気持ちを切り替えて完成させようと思います(笑)

さて、今回は大腿と下腿のディティールUPです。

と、ここで、最近ディティールに取り入れているテンプレートですが・・・

ケガく際に固定するのが難しく、何か良い手はないかとずっと考えていました。

そして、良い手段が見つかりました!

それは、「テンプレートを使わない!」こと。

はぁ?!

いや、テンプレートの代わりになるものを見つけました!!

それが

   エッジングパーツ です!!!

私が使っているものはコトブキヤの

    エッジングユニット メカディティール①~⑥

CIMG1712_convert_20120208193630.jpg

こいつです!!

みなさんに形状を見せたいので①から⑥を全て載せておきます。

39_ad.jpg

40_ad.jpg

41_ad.jpg

42_ad.jpg

43_ad.jpg

44_ad.jpg

こいつは使えます!!

使い方を説明しときますね。

ここでは、大腿裏に複雑なディティールを入れてみたいと思います。

使うエッジングパーツはこの2つ。

CIMG1713_convert_20120208193653.jpg

これの組み合わせで複雑なディテを入れます。

①まずはエッジングパーツを瞬着で固定しちゃいます。このとき、瞬着は位置決めを簡単にするためにゼリー状のものを使います。

CIMG1715_convert_20120208193719.jpg


②次にこのエッジングに沿ってスジを入れます。今回はタガネを使っています。

CIMG1720_convert_20120208193851.jpg

③スジを入れ終えたら、アートナイフをエッジングとプラの間に入れると簡単にエッジングパーツが外れます。この時、固まった瞬着は大概プラの方に残るので、エッジングはまたすぐに使えます。プラに残った瞬着の塊は紙やすりで削ればOK。

CIMG1721_convert_20120208193916.jpg

④エッジングを外すとこんな感じ

CIMG1722_convert_20120208193938.jpg

⑤この繰り返しでこんな複雑なディティールが入れられます!

CIMG1723_convert_20120208194002.jpg

いかがですか?

これらの組み合わせを変えることで、色々なディティールが入れられます。それにエッジングパーツは世の中に数え切れないほど存在しますので、色々な形のディティールが入れられると思います。

これからはテンプレートの代わりにエッジングパーツを使ってディティールを入れていこうと思います。

おすすめです!!!



では、大腿と下腿のディテ入れたものと素組みとの比較画像です。

CIMG1725_convert_20120208194046.jpg

CIMG1724_convert_20120208194024.jpg

CIMG1726_convert_20120208194113.jpg

各部の画像も見てやって下さい。

CIMG1728_convert_20120208194206.jpg


CIMG1727_convert_20120208194142.jpg

CIMG1729_convert_20120208194231.jpg

CIMG1731_convert_20120208194317.jpg

CIMG1730_convert_20120208194254.jpg

大腿は前側の形状が気に入らないのと、膝関節が大腿側に入り込んでいるようにしたかったので、プラ板で延長してからパテで形状変更しました。動力パイプが入る穴がデカ過ぎるので、一度埋めました。あとで再開口します。

下腿は基本的に形状変更は無し。スラスターが入る部分を全て一度開口してから、プラ板で再度塞いでいます。動力パイプが入る穴はここも一度塞いでいます。足のフレアは前方だけ2重装甲に見えるようにスジを入れています。

肩の開口してあった部分にメッシュを入れてみました。

CIMG1736_convert_20120208194550.jpg


とりあえず、ザク本体の大まかな形状変更とディティールUPは終了。一度組んでみたのでご覧下さい。

CIMG1732_convert_20120208194341.jpg

CIMG1733_convert_20120208194410.jpg

CIMG1735_convert_20120208194521.jpg

CIMG1734_convert_20120208194447.jpg


あとはバックパックのディティールとザク本体の細かなやり残しをやったら塗装にいきます。がんばるど~~~


スポンサーサイト

| HGUC ザクⅡF2型+ドラッツェ | 21:30 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。