模型開口堂

ゆっくりプラモデルを作っていきます。模型雑誌のコンテストにも定期的に参加していきます。

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ジム後期生産型(2)

前回モデルグラフィックスのジムサミット2011にエントリーしたジム後期生産型を見ていただきました。

カラーはムラサメ研究所配備カラー

元ネタはこちら SoftBank Creative から出てる 

マスターアーカイブ モビルスーツ ジム の120ページ

CIMG0970_convert_20111003020256.jpg

CIMG0974_convert_20111003020328.jpg




では、製作途中の画像を見てくださいませ。

まず、全体画像から

041_convert_20111002222412.jpg

043_convert_20111002222453.jpg

工作方法としては HGUCジム改 に HGUCジムカスタム を足していく感じで製作しています。

では、解説していきます。

045_convert_20111002222542.jpg
 
肩:上下方向に2mm、左右方向に約3mm延長(内側1mm、外側2mm)。
  肩側面のスラスターは waveのUバーニア(正方形)の組み合わせ。
  外側のものはプラ板で2mm厚くしています。
  裏側をエポキシパテで埋めてからプラ材でディティール追加。
  関節との接続は1mmのプラ板を貼ってから元位置より少し肩位置が
  上にいくように穴をあけて接続方法を変更。

上腕:ジムカスタムのものを1mm延長。マルイチモールドに合わせて
   形状変更(元々ジムカスタムにはマルイチモールドがないので)

前腕:ジムカスタムのものを中央で2mm延長。形状をカトキっぽくなる
   ようにプラ板で変更。
   手首カバーにUバーニアをくり抜いたものを使用。

肘関節:モデグラ312号の後期生産型ジムを参考にフレーム部分の
    中央付近にプラ板を貼っている。
    マルイチモールドはHIQ PARTS のツインサークルⅡを使用。

046_convert_20111002222617.jpg

大腿:ジムカスタムのものを使用。上下方向に5mm延長。股関節の
   ポリキャップが見えないよう、プラ材にて隙間埋め。

下腿:中央部分で2mm延長。膝上部で3mm延長。スネで約3mm延長。
   フクラハギ上部の膝関節側の形状をプラ材にて変更。
   フクラハギ下部は段差をよりはっきりするようにプラ板にて
   形状変更。

スリッパ部:ヘイズルのものを使用。カトキを意識して前方に約2mm
      延長後両脇をやすりで削ってスリムに。
      足裏は延長後に開口してそこにエポキシパテを埋めた後
      プラ材で新たにディティールを追加。
      足裏のバーニアはHIQ PARTSのフットバーニアM 6.0mmの
      ものを使用。

膝関節:ジムカスタムのものを使用。マルイチモールドは切り飛ばして
    HIQ PARTSのツインサークルⅡに変更。

アンクルガード:ジムカスタムのものに上下で1mmずつ延長。
        マルイチはHIQ PARTSのツインサークルⅡに。

足関節:ジムカスタムのものを使用。そのままではモデグラにも
    書いてあったが、足首が骨折しているように見えるので、
    関節技のダブルボールジョイントに変更して二重関節に。
    下腿側のポリキャップはそのまま使用し、足側は関節技
    の受けをギリギリまで小さく刻んで使用。足関節の壁を
    四方にプラ板にて高く盛り上げるとボールジョイントが
    見えなくなるのでおすすめです。

047_convert_20111002222655.jpg

頭部:アンテナをHIQ PARTSのMKアンテナM2.0mmに変更。
   頭頂部カメラを前面に延長して精悍な顔つきに。
   首はポリの周りにプラ板を貼り、付け角を変更。

胴体部:胸部から胴体にかけてジムカスタムのものを使用。
    胸部前面のスラスターはヘイズルのものに。
    胸部との合いが悪いので、スラスターに合わせて
    胸部の形状をエポキシパテにて変更。
    スラスターは1本1本スリットを開口。
    胸部前面に筋彫りを追加し一部開口。なかにエポパテを詰めて
    います。
    コックピットハッチはジムコマンド宇宙用のものを接続面で2mm
    延長して使用。
    胴体部は股間部との接続面で2mm延長。

股間部:前面のフンドシ部はプラ板の箱組にてスクラッチ。
    中にエポキシパテを詰めています。
    後面のフンドシは両側面と後面に1mmのプラ板を貼って
    サイズアップ。
    中のバーニアはHIQ PARTSのSVバーニア5.0mmに変更。
    フロントアーマーは上下方向に2mm延長。
    中にエポキシパテを詰めてからプラ材にて裏側を
    ディティールUP。
    リアアーマーは形状そのままに中にエポキシパテを詰めて
    プラ材で裏側をディティールUP。
    サイドアーマーは3mm延長。接続部分をカトキを意識してプラ板
    で製作。
    サイドアーマーとは真鍮線で接続。サイドアーマーも中にパテ
    を詰め、裏側をプラ材にてディティールUP。
     

バックパック:ジムコマンド宇宙用のものを使用。バーニアとの接続部分
       を開口。中にエポキシパテを詰め、
       バーニアはHIQ PARTSのSVバーニア5.0mmに変更。


最後に以前作ったジムワグテイルとツーショット

って同じ色かよ!!

CIMG0959_convert_20111003015729.jpg
スポンサーサイト

| ジム後期生産型 | 23:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ジム後期生産型(1)

10月ですね~。10月といえば、今月末に発売の
モデルグラフィックス(通称モデグラ)
GMサミット2011の結果が載ります!!

楽しみですね~。何が楽しみかというと私も参戦しているからです~。
ということで、もう結果もほぼ決まってると思うので、ブログに写真をアップしちゃいます!!

では恒例の全身写真から

050_convert_20111001103942.jpg

052_convert_20111001104046.jpg


細部の画像も

063_convert_20111001104142.jpg

062_convert_20111001104319.jpg

061_convert_20111001104420.jpg

064_convert_20111001104233.jpg

065_convert_20111001104506.jpg

066_convert_20111001104553.jpg

0673_convert_20111001104719.jpg

何処をどういじってるかは次回に途中写真と共に説明します~。

| ジム後期生産型 | 11:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。