模型開口堂

ゆっくりプラモデルを作っていきます。模型雑誌のコンテストにも定期的に参加していきます。

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

HGUC ザクⅡF2型+ドラッツェ⑬

HGUC ザクⅡF2型+ドラッツェ 完成です~。

12月の頭から作り始めて2月の15日完成なので約2ヶ月かかりました。私にしては早い方ですかね。

それでは、解説します。

機体名 :

 D(ドラッツェ)typeバックパック装着型ザク

                    (呼び名「ミッキーザク」)



俺設定 :

 ドラッツェは「破損したザクII F2型の上半身にガトル戦闘爆撃機のプロペラントタンク兼スラスターを足部分に組み合わせ製造された機体」という設定ですが、その逆で「破損したドラッツェを改造してザクⅡF2型のバックパックとして使用した機体。これにより、通常のザクⅡF2型に比べて直線加速性が大幅に向上、計5個のプロペラントタンクにより長時間飛行も可能となっている。この機体、シルエットがミッキーマウスに似ていることから『ミッキーザク』と呼ばれることもあった。また、その呼び名にちなんで整備士がいたるところにミッキーのシルエットをペイントしていたという。」という設定。



完成写真はモデグラの誌面で確認してください。


なんてことは言いません!!


コンテストでも何でもないのだから、全て見せます!!





ではご覧下さい。まずは全身写真から

CIMG1775_convert_20120218130809.jpg

CIMG1776_convert_20120218130838.jpg

CIMG1777_convert_20120218130905.jpg

CIMG1779_convert_20120218131139.jpg

CIMG1778_convert_20120218131049.jpg

CIMG1781_convert_20120218131253.jpg

CIMG1780_convert_20120218131227.jpg





次に細部の画像

CIMG1801_convert_20120218132242.jpg

CIMG1800_convert_20120218132215.jpg

CIMG1799_convert_20120218132150.jpg

CIMG1789_convert_20120218131601.jpg

CIMG1790_convert_20120218131627.jpg

CIMG1788_convert_20120218131533.jpg

CIMG1787_convert_20120218131444.jpg

CIMG1785_convert_20120218131353.jpg

CIMG1792_convert_20120218131732.jpg





さらに組立途中の写真です。

CIMG1768_convert_20120218130404.jpg

動力パイプはコトブキヤのモビルパイプ2.5mm(2.5mmは外径、内径は1.6mmなので、中に仕込むスプリングは1.5mmを使用)を使ってます。当初は全てにディティールを入れるつもりでしたが、断念。無念。

モノアイはHIQさんのSPプレート3.0mm用とオーロラステッカーの組み合わせ。このオーロラステッカー、今は発売されていない・・・。HIQさん!!再販お願いします~!!!!

CIMG1769_convert_20120218130432.jpg

CIMG1770_convert_20120218130500.jpg

CIMG1765_convert_20120218130330.jpg

バックパックにはアンテナを2本追加。たしかカーモデル用のアンテナだったと思う。

CIMG1762_convert_20120218130159.jpg

この上の画像、偵察型ザクみたいで気に入ってます。かわいいっしょ。

CIMG1759_convert_20120218130044.jpg

ショルダーアーマー内に仕込んだ内部フレームが効いていると思います~

CIMG1760_convert_20120218130106.jpg

CIMG1761_convert_20120218130133.jpg

ハンドはハイディティールマニュピレーターのHGUCザクⅡF2型用。

CIMG1756_convert_20120218130008.jpg

ここが今回の見せ場の1つ。肩シールド内の段差ディティールです。いかがでしょうか?

CIMG1763_convert_20120218130226.jpg

ドラッツェの腕は思い切って、プロペラントタンクに変更。このプロペラントタンクはヴァンガード・オーバードブーストのものを使用。

肩の部分(タマタマとの接続部など)にある肉抜き穴は全てパテで埋めています。

CIMG1764_convert_20120218130300.jpg

タマタマはスラスター部分を一度開口して、モビルパイプ3.5mmを埋め込んでます。

CIMG1774_convert_20120218130741.jpg

ドラッツェの胸の中央部分は全てくり抜いてMGザクマインレイヤーのバックパックの部品に置き換え、中には腕部分のブースターと同じものを入れています。

CIMG1754_convert_20120218125808.jpg

胴体と脚の動力パイプはモビルパイプ3.5mm(内径は2.1mmなので、中に仕込むスプリングは2.0mmを使用)を用いています。胴体とバックパックを動力パイプで繋ぐため、相当数のパイプを使いました。

CIMG1752_convert_20120218125635.jpg

ドラッツェとザクは肩関節の受けが共通なので、こんな形態も可能です。これはこれでカワイイとおもいませんか~?

CIMG1773_convert_20120218130710.jpg






次にミッキーのシルエット画像

CIMG1793_convert_20120218131804.jpg

まずはドラッツェ左足の下部に2匹

CIMG1794_convert_20120218131827.jpg

左足上部に3匹目

CIMG1795_convert_20120218131853.jpg

ドラッツェの右足下部に4・5匹目。

CIMG1796_convert_20120218131927.jpg

右足上部に6匹目。また、ドラッツェの両足内側にも1匹ずつでここまでで計8匹。

CIMG1797_convert_20120218131957.jpg

そして、シールドに9・10匹目。実は、11匹目もいるんですが、ほとんど消えてしまっているので、分かった人はすごいです。と、計11匹(何匹というとミッキーのファンに怒られそうですが)のミッキーのシルエットが描かれています。



この機体、結構気に入っています。ミーティングだけじゃ勿体無いので、コンテストにも出そうかな?ガン王?はたまたホビーロードコンで拓さんの金賞を阻止するか?(ウソ)

1つのキットにこだわってると次に繋がらないので、これはコンテストには出さずに終わりだな。




次回のブログからHGUC マラサイを始めます。

ジオン熱が高いうちにトリントン基地攻略作戦のマラサイを仕上げていきます。HGUC ジムクゥエルはマラサイの合間か、終わった後に続きをやります。

ではでは。
スポンサーサイト

| HGUC ザクⅡF2型+ドラッツェ | 15:27 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

HGUC ザクⅡF2型+ドラッツェ⑫

バックパックのディティールです。バックパックは時間もないので、自分流のディティールでいきます。開口ディティールで勝負です。あまり複雑なディティールは入れませんが・・・

ただ、ドラッツェの足の部分はモデグラの文章読んでると「ここを弄らないでどうする?」的に感じるので、内側だけディティールを追加して外側はあっさりと大型のデカールを貼るだけにしました。マイナスモールドは全て開口しました。

ドラッツェの足の内側ディティールがこちら

CIMG1741_convert_20120212153017.jpg

CIMG1742_convert_20120212153154.jpg


どうでしょうか?ジムクゥエルのアーマー裏やザクのシールド裏に用いた製作方法の応用です。プラ板の積層は2枚までで時間切れとなりました。一番底の部分にはメッシュを貼って、通風口的に処理してみました。

次にタマタマ。

CIMG1743_convert_20120212153226.jpg

CIMG1744_convert_20120212153306.jpg

CIMG1745_convert_20120212153340.jpg

ここは開口ディティールを中心に。あまり弄れませんでしたが・・・

バックパックはこのパーツ以外すでに表面処理に入っているので、全体像は完成後に初お目見えの予定です。

バックパックを装着した本体画像も完成後になる予定です。本体はすでに表面処理に入っているので、現在バラバラ状態です。

今日中に表面処理を終えて明日から塗装に入る予定。塗装は予定通り3日間しかありません(笑)。

次のブログUPは完成後か?

製作以外にネタがあれば、UPします~

| HGUC ザクⅡF2型+ドラッツェ | 15:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

HGUC ザクⅡF2型+ドラッツェ⑩

今日は胴体のディティールUPです。

と、ここで、MASAさんのグフには腰のアーマーの下縁に全て段落ちディティールが入っています。

それがこれです。

CIMG1407_convert_20120131065601.jpg

これを再現するのは、ス〇ボ〇堂さんのセ〇ダ〇モというのが良さそうです。ですが、値段が高い!!

なので、今回はアートナイフとタガネで段落ちモールドを彫ってみました。
やり方は下縁を2等分するようにスジを入れ(サイドアーマーの上縁はこのやり方でスジだけ入れた状態です)、2等分した前側をアートナイフで段落ちモールドになるように削いでいきました。

それがこれです。

CIMG1689_convert_20120204005659.jpg

CIMG1690_convert_20120204005733.jpg


では、今回ディティールを入れた胴体の素組みとの比較です。

CIMG1698_convert_20120204005948.jpg

CIMG1699_convert_20120204010018.jpg

CIMG1700_convert_20120204010044.jpg

CIMG1701_convert_20120204010106.jpg


細部もじっくり見てやって下さい。

CIMG1703_convert_20120204010156.jpg

CIMG1704_convert_20120204010221.jpg

CIMG1707_convert_20120204010336.jpg

CIMG1708_convert_20120204010358.jpg

CIMG1706_convert_20120204010309.jpg

CIMG1705_convert_20120204010243.jpg

腰のアーマーは分割ラインを変更し、足を開いた状態でアーマー間の隙間が開かないようにプラ板で調整しています。胸部は肩との接続部分の隙間が見えないように脇に1mmのプラ板を貼り、開口部分の大きさを隙間が開かないように変更しています。頭部が埋まった感じに見えるように頭部の両脇にあたる部分に2mmのプラ板を貼ってみました。重いであろうバックパックを装着してもふんぞり返らないように、胸部と腰部の間にパテでかましを入れました。これにより、常に前傾姿勢になります。

ディティールはMASAグフを参考に。ザクとグフとで形状が違う部分はそれとなく変更しています。スジボリはほとんどがディバイダーで入れました。一部テンプレとガイドテープを使いましたが。ディバイダーはもう私にとってなくてはならないものとなってしまいました。これがあるのとないのとではスジボリのスピードが全然違います。精度はまだまだ精進が必要ですが・・・


胴体のディティールの合間に左肩のショルダーアーマーに付ける内部フレームを作ってみました。

ショルダーアーマーとの隙間がどうしても気になったので、時間もないのに作っちゃいました~

CIMG1691_convert_20120204005802.jpg

CIMG1692_convert_20120204005830.jpg

CIMG1696_convert_20120204005923.jpg

CIMG1693_convert_20120204005854.jpg

これはRGのショルダーアーマーを加工したものです。強引に中に入れるため、かなり削り込んでいます。

こんな寄り道してて大丈夫か?俺

次は大腿と下腿のディティールですね。そういえば、動力パイプ地獄も待っていました。

がんばらなくては!!

最後に上半身の画像を

CIMG1709_convert_20120204010423.jpg

| HGUC ザクⅡF2型+ドラッツェ | 02:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

HGUC ザクⅡF2型+ドラッツェ⑨

左肩に付くショルダーアーマーと右肩に付くシールドのディティールを入れました。

まずは左肩のショルダーアーマーから

CIMG1672_convert_20120130063916.jpg

CIMG1674_convert_20120130064010.jpg

CIMG1673_convert_20120130063946.jpg

CIMG1675_convert_20120130064035.jpg

ショルダーアーマーを腕に取り付けた画像です。

CIMG1677_convert_20120130064124.jpg

CIMG1678_convert_20120130064148.jpg

CIMG1679_convert_20120130064209.jpg


次に右肩につくシールド

CIMG1681_convert_20120130064304.jpg

ここには大きめのデカールを入れるので、ディティールは抑え目に

CIMG1682_convert_20120130064326.jpg

CIMG1680_convert_20120130064447.jpg

このシールドを腕に取り付けると

CIMG1683_convert_20120130064348.jpg

CIMG1685_convert_20120130064520.jpg

CIMG1686_convert_20120130064543.jpg


両腕を一緒に

CIMG1687_convert_20120130064606.jpg

こんな感じになりました~

どうでしょうか?

MASAディティールを自分の中で消化して(かなり端折って)入れてみました~

ようやく腕のディティールが終了。あと胴体、大腿、下腿。そして、ドラッツェバックパック。

まだまだいっぱい残ってますなぁ~。残りわずかな日数なのに・・・

もうちょっとスピードアップしますか~

| HGUC ザクⅡF2型+ドラッツェ | 06:20 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

HGUC ザクⅡF2型+ドラッツェ⑧

今回のディティールは腕です。

今回もMASAさんのグフを参考にしていますが、ザクとグフで形状が大分違うのと腕の部分の情報があまり無いので、参考程度に使わせていただきました。(腕を撮影した写真があまりなかったので・・・)

今回もディバイダーと格闘しながらの製作です。前腕の曲面でのスジボリには効果を発揮しまくりです。

では、ご覧下さい。まずは素組みとの比較から

CIMG1658_convert_20120129115025.jpg

CIMG1661_convert_20120129115157.jpg

CIMG1659_convert_20120129115058.jpg


次に一つずつじっくりご覧下さい。

CIMG1663_convert_20120129115232.jpg

CIMG1666_convert_20120129115400.jpg

CIMG1665_convert_20120129115332.jpg

CIMG1664_convert_20120129115305.jpg


左右の腕を一緒に。

CIMG1667_convert_20120129115427.jpg

CIMG1670_convert_20120129115502.jpg


左肩アーマーと右肩シールドは後でディティールを入れます。

次回は胴体のディティールUPをしていきます。この胴体部分のディティールがMASAグフは素晴らしいので、なるべく再現してみようと思います。

みなさん、ご存知と思いますが、

     RG ガンダムMk-Ⅱ

            の発売が決定しました~!!!

この記事にワタクシ小躍りしてしまいました~

RG Mk-Ⅱ、オラが作らなくて誰が作る?って言うくらい嬉しく、最近では稀に見るこの待ち遠しさ。

これをスーパー化するか、フライングアーマーと一緒に作るか?などなど、今からワクワクです。

この流れだと次は RG Zガンダム

      なんてのを期待せずにはいられません。

作りたいの一杯あるのに、HGUC ネモ も出るのに、全てキャンセルしてこのRG ガンダムMk-Ⅱを作りそうです。(こんなに喜んでるのは全国でも俺だけのような気がする・・・)

ではでは。

| HGUC ザクⅡF2型+ドラッツェ | 12:10 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。