模型開口堂

ゆっくりプラモデルを作っていきます。模型雑誌のコンテストにも定期的に参加していきます。

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マイナスモールドの開口

マイナスモールドの開口のお話。


以前にコメント欄でumezawaさんに「マイナスモールドの開口はどのようにしてますか?」と質問がありましたので、今回説明させていただきます。

私はブログのコメント欄に書き込んでくれた質問には全て答えていくつもりなので、分かりにくいことがあれば、どしどし質問してくださいね。



開口は大きいものの開口は簡単です。なぜなら、刃を90度方向から2回入れられるので、簡単に角が作れるから。

しかし、マイナスモールドの場合、1方向からしか刃を入れられないので、難易度が上がります。

繝励Ξ繧シ繝ウ繝・・繧キ繝ァ繝ウ1J_convert_20120327001904


答えを先に言うと、カンナ掛けして角を作っちゃえばいいんです。


では、解説します。

まず、使う道具ですが、

①アートナイフ(NTカッターの刃が30度のもの)

CIMG1858_convert_20120313065156.jpg

②ラインチゼル0.2mmか0.15mm(以前は0.15を使っていたが、折れやすいので、最近は0.2mm)

CIMG1132_convert_20111103202920.jpg

画像の上のものがラインチゼル。0.3mmが元々付いていますが、0.3mmだと太すぎてうまくいかないので、替刃を購入してください。


③ハセガワトライツールのモデリング チゼル 1 (模型用ノミ平細)

CIMG1862_convert_20120326231836.jpg

CIMG1863_convert_20120326231902.jpg


これは細い平の彫刻刀なら何でも良いです。これを使ってうすうす攻撃するわけです。




製作です。

まずはマイナスモールドを入れたい場所に印をいれます。私はシャープペンを使っています。

最近のシャープペンは書くごとにシャープの先が尖っていく「クルトガ」というすぐれものがあります。

クルトガがこちら

CIMG1861_convert_20120326231750.jpg


これで印を入れます。

CIMG1864_convert_20120326231926.jpg


次にその印に沿って、平の彫刻刀をぶっ刺します。この時、全てを開口する必要はなく、刃が入るところまでで十分です。

CIMG1865_convert_20120326231953.jpg


これを裏から見ると、彫刻刀が刺さった部分に白いスジが出来ます。

USBスコープ画像
Image_convert_20120326232119.jpg


見えますでしょうか?この白いスジに沿って、平の彫刻刀でプラ厚の半分くらいになるようにうすうす攻撃。最初は彫る感じで良いですが、最後はカンナ掛けの要領でなるべく平らになるように。

CIMG1867_convert_20120326232018.jpg

USBスコープ画像
Image2j_convert_20120326233655.jpg


次に表に返して、先程彫刻刀を刺した部分に沿ってラインチゼルで開口します。

CIMG1870_convert_20120326232044.jpg

注意!!このときもう一度彫刻刀をぶっさしたくなりますが、刺してしまうと彫刻刀が全て貫通してデカイ穴があいてしまうので、気をつけて下さい。開口には開口に適した道具(ラインチゼル)を使いましょう。

開口した部分の拡大画像(USBスコープ画像!!)

Image3_convert_20120326232254.jpg

このままですと、よく見て欲しいのですが、開口した部分はササクレが残っているし、拡大すると角が綺麗な長方形にはなっていません。

拡大しても綺麗な長方形に見えるように開口していきます。


まず、角になるべき位置までアートナイフを入れます。角の部分まで刃先が入ったら、カンナ掛けの要領で刃先を横にスライドさせます。この時、「クンッ」って音がします。この「クンッ」って音が角が出来た証拠だと私は思っています。

これを絵で説明すると


繝励Ξ繧シ繝ウ繝・・繧キ繝ァ繝ウ・谷_convert_20120327003931





同じように4つの角をカンナ掛けの要領で角を作っていきます。

すると、こんな感じで開口できます(表から見たもの)。

USBスコープ画像
Image4_convert_20120326232326.jpg


これを裏から見ると

USBスコープ画像
Image5_convert_20120326232356.jpg


こんな感じで裏は完全には綺麗になっていないので、最後にもう一度裏から同じように4つ角を作るようにアートナイフを入れます。



裏から見ても綺麗な長方形になっていることが非常に重要です。表から見ても、裏から見ても綺麗な長方形になっていれば、長方形の形に平行に開口してることになります。

完成したマイナスモールドを表から見ると

USBスコープ画像
Image7_convert_20120326232505.jpg


裏から見ると

USBスコープ画像
Image6_convert_20120326232429.jpg


こんな感じになっていれば、塗装後も綺麗なマイナスモールドになっているはずです。

試してみてください~

今回やっとUSBスコープが大活躍しました~(実はこのために購入したのに忘れてました・・・)

ただし、めっちゃ拡大するので、あんまり綺麗ではないですが、拡大してなければ意外と綺麗に仕上がっています~

ではでは。



スポンサーサイト

| イベント・展示会・その他 | 00:50 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

HGUC マラサイ⑥

今回は開口の話

模型開口堂とブログにうたっているので、私の得意分野の話です。

前回のコメントでJoniponさんからマラサイの後頭部にある三角形の開口の仕方について聞かれましたが、文章ですと説明しにくいので、画像付きで。

まず、使う道具ですが、私は細かい作業にはNTカッターのデザインナイフを使っています。

これです。

CIMG1858_convert_20120313065156.jpg

CIMG1859_convert_20120313065220.jpg

これは、オルファと違って、30度の替刃があり、且つ、刃が小さいので、細かい開口に向いていると思います。

ただし、オルファは棒の部分がすごく柔らかくしなるので、ゴリゴリ切り刻むときはオルファを使っています。


それと、うすうす攻撃のためのOLCERAの替刃をNTカッターの棒に付けたもの。

これです。

CIMG1860_convert_20120313065241.jpg

この商品について以前に私がブログに書いた記事がこちら

http://tera9876.blog.fc2.com/?tag=%EF%BC%AF%EF%BC%AC%EF%BC%A3%EF%BC%A5%EF%BC%B2%EF%BC%A1

これらを使って開口します。


今回開口するマラサイ後頭部の三角形のディティールがこちら

CIMG1835_convert_20120304074059.jpg

まずは裏をうすうす攻撃。大体0.3mmのプラ板くらいの厚さくらいまでOLCERAで薄くしていきます。

うすうす具合がこの作業の全てと言っても良いくらい大事。

OLCERAは最初は彫る感じで使っても良いですが、最後の厚み調整はカンナがけする感じで使うと良いと思います。

CIMG1852_convert_20120313064931.jpg

こんな感じにうすうす攻撃。うすうす具合は蛍光灯に透かしてみるとわかりやすいです。

蛍光灯に透かしてみると

CIMG1853_convert_20120313065009.jpg

薄さがわかりやすくなります。真ん中に三角形のディティールがさらに薄く見えます。

このくらいうすうす攻撃したら、NTカッターで縦にぶっ刺します。ぶっ刺す時はゆっくり,刺す面に垂直に刺します。

このとき、カッターの刃は必ず新品のものと交換して使ってください。

CIMG1854_convert_20120313065038.jpg

刺す方向は三角形の角に向けて6回刺すようにすると綺麗に出来ます。

こんな感じで開口出来ます。

CIMG1855_convert_20120313065103.jpg

この画像を良く見て欲しいのですが、開口しただけでは、大概奥にササクレが残ります。

このササクレを裏っ返して同じようにナイフで取り除くとこんな感じで綺麗になります。

CIMG1856_convert_20120313065132.jpg

この裏から見ても綺麗に開口しているのが、重要です。このまま裏から見た状態を綺麗に仕上げていないと塗装後にササクレが邪魔をして綺麗に見えません。

この開口方法はうすうす攻撃と開口の両方を兼ねているので、ただ開口してあるものよりも仕上がりが良く感じると思います。




どうでしょうか?

最初はうまくいかなくてもコツを掴むと開口は凄く綺麗に仕上がります。

お試しあれ。ではでは。

| HGUC マラサイ | 18:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

HGUC マラサイ④

今回は頭部の製作です。

頭部は以前にお見せしたNAOKI氏の頭部を参考にしました。ヘルメット部分の両脇にプラ板を貼り、ヘルメットと顔の接続ピンを切り落としてから接続のタイミングを変えています。



では、製作したものを素組みと比較しながらご覧下さい。


CIMG1833_convert_20120304074006.jpg

CIMG1836_convert_20120304074120.jpg

動力パイプはコトブキヤのモビルパイプ2.5mm(2.5mmは外径、内径は1.6mmなので、中に仕込むスプリングは1.5mmを使用)に変更。

動力パイプは後でディティールを入れる予定(あくまでも予定)。


CIMG1834_convert_20120304074032.jpg

CIMG1837_convert_20120304074144.jpg

CIMG1835_convert_20120304074059.jpg

CIMG1838_convert_20120304074212.jpg

ヘルメットの後ろ側の凸モールドは開口して裏からメッシュを貼りました。最近のお気に入り工作です。

ヘルメット部分のマイナスモールドと三角モールドは開口。





少し細部の画像も載せておきますね。

CIMG1839_convert_20120304074240.jpg

鼻の部分はパーツの接合部分で1mm延長してます。


CIMG1840_convert_20120304074305.jpg

CIMG1843_convert_20120304074338.jpg


フェイス部分を外した画像も見て下さい。

CIMG1846_convert_20120304074432.jpg

CIMG1845_convert_20120304074404.jpg

いちお、モノアイ可動します。


頭部の改修いかがでしたでしょうか?

ここがかっこ悪いとどうしようもないので、みなさんのご意見お待ちしております。否定的なコメントもOKです~

| HGUC マラサイ | 06:50 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

MG ザクⅡ ver.2.0

今年最初の更新です。

12月25日(日)のRRM展示会に持っていった作品の中でブログに載せていない作品を掲載します。

MG ザクⅡ ver.2.0 です。

これは電撃ホビーマガジンの MGザクコンペに出したものです。

2007年11月号に結果が載ってますので、気になる方は見てみて下さい。

コンセプトとしてはテスト機とか製造途中の機体といった感じです。

作り方としてはMG(マスターグレード)の外装裏にモールドが入っているんですが、そのモールドに添って開口しただけです。

バンダイのMG(マスターグレード)開発部の努力に報いた作品であると自負しております(笑)。この外装裏のモールドに添って開口する製作法は他では見たことがないし、私自身他の人の真似をした訳ではないので、私独自の製作法であると考えています。(他にやってる方がいたらゴメンなさい。誰もやらね~って!)

このブログのタイトルにある模型開口堂の名はこの作品からも影響されています。

ですので、勝手に命名します。開口堂模型(笑)。

よって、作品名は

   開口堂模型(第一弾) MGザクⅡ ver2.0 

                                       とします(笑)。


では、作品を見てやってください。

まずは全体画像から

CIMG1429_convert_20120101173142.jpg

CIMG1431_convert_20120101173213.jpg

CIMG1434_convert_20120101173311.jpg

CIMG1433_convert_20120101173242.jpg


次に細部も見て下さい。

CIMG1448_convert_20120101173729.jpg

CIMG1447_convert_20120101173702.jpg

CIMG1445_convert_20120101173601.jpg

CIMG1444_convert_20120101173531.jpg

CIMG1450_convert_20120101173757.jpg

CIMG1442_convert_20120101173433.jpg

CIMG1441_convert_20120101173406.jpg

CIMG1443_convert_20120101173457.jpg

CIMG1446_convert_20120101173634.jpg


この画像と電ホビの画像は一部塗装を変えています。気づいた方は居ないと思いますが・・・

そのうち開口堂模型第2弾を制作しますので、お楽しみに。(いつになることやら・・・)

本当は第2弾は出来上がっていますが、ブログにアップする気がないだけだったりします。(第2弾は実は1/20 スコープドックでした・・・)

| MG ザクⅡ ver.2.0 | 17:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。