模型開口堂

ゆっくりプラモデルを作っていきます。模型雑誌のコンテストにも定期的に参加していきます。

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ガンダム『ケストレル』③

今回からがホントの製作開始。

まずはRGストライクの内部フレームを素組み。

CIMG1879_convert_20120421232150.jpg

CIMG1881_convert_20120421232342.jpg



フェイス部分もRGストライクを使っちゃいましょう♪

これでフェイス部分の塗り分けが楽チンです~

フェイス部分の形状が少し違いますが、あとで修正すれば問題ないでしょう。

しかし、このストライクのフレーム、超カッコえ~!

このフレームの素組みだけでテンションあがっちゃいました~


このRGストライクの内部フレームにケストレルの外装を合わせていく訳です。

ケストレルの素組みとの比較

CIMG1880_convert_20120421232307.jpg


合わせれば結構スタイル良くなりそう♪

ちょっとRGストライクのフレームの方が小さいですが、その辺は強引に♪(無理くりかよ)



今回の製作は腕。しかも前腕だけ・・・



腕パーツと内部フレームの比較

CIMG1884_convert_20120421232441.jpg

CIMG1885_convert_20120421232512.jpg


ケストレルは関節がほぼ動かないので、関節部分をちょん切っていきます。手のパーツも使わないので、取っちゃいます。手首カバーもRGのものを使います。


まずは肘関節をエッジングソーなどで切っていきます。この肘関節のように前腕パーツと上腕パーツが離れている部分はエッジングソーで切断しても良いですが、パーツが接しているものは慎重に切断していきます。パーツが接している場合、私はタガネでスジボリを入れるようになぞっていき、最後はアートナイフで仕上げます。




パーツが離れたら、丁寧に切り離します。


で、慎重に切り離したパーツがこちら。


CIMG1886_convert_20120421232538.jpg

CIMG1887_convert_20120421232603.jpg


裏側には接続ピンがありますが、こいつも綺麗に取り除いていきます。こうゆう作業はリュウターか、超音波カッターがあれば楽にできるでしょう。

私は両方持っていませんが・・・

ちなみに一部ディティールを開口していますが、いつもの勢いで開口してしまった訳ではなく、ちゃんと意味があります。あとで説明します。

CIMG1888_convert_20120421232626.jpg

元パーツと比べると何処をどう弄ったか、分かると思います。


これをRGのフレームに強引にくっ付けていく訳です。

CIMG1889_convert_20120421232654.jpg

こんな感じに内部フレームが収まります。


完成イメージはこんな感じ。

CIMG1890_convert_20120421232724.jpg


今日はここまで。

次回はいつになることやら・・・



スポンサーサイト

| ガンダム『ケストレル』 | 05:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ガンダム『ケストレル』②

ガンダムケストレル製作開始です。

とその前に素組みの3面図を掲載しておきます。

14f1fd2f4208db_20120126133916_convert_20120412224124.jpg

こんな感じです。

意外に良いですよね~

ちなみにデザイン画はこんな感じ。

blog_0117_01.jpg

AOZ_gundam_convert_20120412224158.jpg


カッチョエ~です~

素組みとは・・・

う~~ん、ちょっと違うなぁ~

もう一度素組み

14f1fd2f4208db_20120126133916_convert_20120412224124.jpg


まずは素組みを色々な角度からじっくり検証します。この作業が一番大事かも。私の場合、長いと3日間くらい眺めています。その間にプロポーションなり、ディティール案なりを考えます。

ケストレルの場合、まず、関節は全て交換しなくてはダメでしょうね。元デザインはド無視でRGストライクの関節をそっくりそのまま移植します。

その理由は・・・RGストライクのキットが積プラになってるから。しかも2個も!!


プロポーションですが、フロントアーマーと肩が小さい気がします。下腿も細いですね。あとはどうでしょうか?

なんか、雰囲気がノーベルガンダムっぽく感じるのは私だけでしょうか?

みなさん、ここが気になるって部分があったら教えて下さい~

| ガンダム『ケストレル』 | 06:30 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ガンダム『ケストレル』①

ごぶさたしております。

現在、ガンプラ王2012用にMGを作っています。最近になく、一生懸命製作しています。

が、今月号の電撃ホビーマガジンにガンダム『ケストレル』の付録キットが付いていて、なおかつ、


ガンダム『ケストレル』模型コンテスト


なる告知がありました。


参加部門は[ケストレル]に好きな色を塗る「カラーリング部門」と、[ケストレル]に強化オプションを追加する「武装追加部門」のふたつ。

私は 「武装追加部門」 で参戦予定。



〆切は6月4日(月)12:00(正午) 〆切が正午って・・・

なぜガン王にかぶった時期にやるのか意味がわかりませんが、A.O.Zのコンテストは全て参加したいと考えているので、参加表明をします!!

まあ、ガン王が5月10日〆切なので、ガン王用のMGが完成し次第、こちらに製作のメインを移していきます。

5月10日・・・ちょうどあと1ヶ月ですね・・・(汗汗)

ケストレルが6月4日に〆切で、6月9,10日がNIPCOM。マラサイはどうするの?って感じですが、5日間でマラサイを仕上げる感じかなぁ~(色々な方の突っ込みが聞こえてきそうですが・・・)


ケストレルはガン王と平行して製作していこうと思います。二兎を追うものは一兎も得ずとなりそうですが、ガン王メインでこちらは2の次くらいに考えています。

ガン王の製作だけですと飽きてしまうので、週一ペースの不定期に作っていこうと思います。こちらはブログにUPしていきますので、興味のある方は覗きに来て下さい。ただし、週一ペースの製作ですので、ブログUPも週一あるかないかくらいですよ。

では、次回からケストレルの製作を始めます~

| ガンダム『ケストレル』 | 06:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

高機動型ヘイズル

過去作品から

高機動型ヘイズルです。

電撃ホビーマガジンの

  ヘイズル強化計画コンペ

参加するために作成したものです。

このコンテスト2006年ですから、5年前の作品です~。

ですので、アラも多いです。結果は2007.1月号に乗ってま~す。

持ってる方はチェックしてみて下さい。

まずは素体ヘイズルの全身写真から

CIMG1031_convert_20111014062245.jpg

CIMG1032_convert_20111014062310.jpg

CIMG1033_convert_20111014062335.jpg


このヘイズル、HGUCですが、MGを意識して

   内部フレームを作っちゃいました!

アホ全開です~

IMG_0006_convert_20111013214849.jpg

IMG_0007_convert_20111013214912.jpg

ちょっと画像が悪いですねェ~。

この素体ヘイズルにバックパックが付きます。これがそれです。

CIMG1029_convert_20111014062223.jpg

CIMG1027_convert_20111014062150.jpg

これだけで飛びそうですね~。この飛行体との合体メカにすりゃあ良かったか?

これを装着した全身写真を見てください。

CIMG1034_convert_20111014062357.jpg

CIMG1035_convert_20111014062417.jpg



次にフル装備のメッサーラ形態の全身画像です。

CIMG1036_convert_20111014062506.jpg

CIMG1037_convert_20111014062530.jpg

CIMG1038_convert_20111014062558.jpg

CIMG1041_convert_20111014062625.jpg


細部の画像も見てやって下さい。

CIMG1045_convert_20111014062720.jpg

CIMG1050_convert_20111014062827.jpg

CIMG1046_convert_20111014062742.jpg

CIMG1048_convert_20111014062805.jpg

CIMG1044_convert_20111014062653.jpg



途中写真も見て下さいね。

IMG_0004_convert_20111013214807.jpg

IMG_0005_convert_20111013214828.jpg

1/200のメッサーラを大きくしていく方向で制作しています。

このコンテストで何が一番嬉しかったって

プロのデザイナー(A.O.Zのデザイナー)である

   藤岡建機

が私が作ったこのプラモデルをイラストで描いてくれたことが、一番嬉しかった。

この経験はモデラーとしてとても幸せなことだなぁと感じました。

これがそのイラストです!

IMG_convert_20111014061634.jpg

いつかこのイラストどうりのヘイズルを1/100で作ろうと思います!

このクオリティを出すにはMGが欲しいです・・・。

MGヘイズル出ませんかね~

ではでは。次はジ・オです。

| 高機動型ヘイズル | 12:23 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ジムワグテイル

前回ブログに1枚だけ画像を載せたジムワグテイルです。

電撃ホビーマガジンの

ジムワグテイル塗装コンテスト用に

1ヶ月で仕上げたものです。

1ヶ月の製作期間のうちに塗装に費やした時間はわずか3日間。

それ以外はキットの改造に当ててしまいました。

塗装コンテストなのにね!!

そりゃ賞には入らんわなぁ~。

でも、でも、作った方には分かると思いますが、

キットのままではちょっと気にいらない部分があちらこちらと・・・

なので、うる覚えですが・・・

肩関節・肩の内部フレーム・上腕・肘関節をMGのキットから流用。

前腕・大腿・スリッパの延長。マルイチモールドの変更。

などなど、色々といじってます~。

カラーはムラサメ研究所配備カラー。

ジム後期生産型の良い塗装練習になりました。

では、全体画像から見てやって下さい。

CIMG0961_convert_20111003015809.jpg

CIMG0962_convert_20111003015840.jpg

これを作った後で足などに塗った色が青が強すぎたと反省しました。

細部の画像もどうぞ。

CIMG0965_convert_20111003020048.jpg

CIMG0966_convert_20111003020129.jpg

CIMG0964_convert_20111003020009.jpg

CIMG0969_convert_20111003020205.jpg

CIMG0963_convert_20111003015935.jpg

ジムワグテイルは肩と下腿のデザインがすばらしいですね~

たしか、ガンプラ王2011の上位300人にワグテイル改造キットが

もらえるはずなので、もう一度いろいろなHGUCキットと

ミキシングビルドでカッコ良く作りたいです。

時間に追われたせいでいつものようにディティールが入れられてない

からなぁ~。



| ジムワグテイル | 16:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。