模型開口堂

ゆっくりプラモデルを作っていきます。模型雑誌のコンテストにも定期的に参加していきます。

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

MG マラサイ ⑦

MGマラサイ製作記の7回目。

今回は肩から前腕にかけて。

まずは素組みから

CIMG2327_convert_20120805141553.jpg

CIMG2328_convert_20120805141615.jpg

CIMG2326_convert_20120805141521.jpg

最後の写真が分かり易いんですが、肩パーツが後ハメ出来ず、接着できないんです。MGザクver2.0はこんな挟み込みパーツじゃなかったぞ!!(怒)とバンダイの手抜きを怒ってみてもしょうがないので、考えます。

ここは①挟み込みの合わせ目部分を段落ちモールドにして処理する②完全後ハメ処理をするの2通りあると思います。

私は後ハメにしました。だって、装甲の合わせ目だと捉えてもこの部分にモールドがあるのはおかしいんじゃないかと思います。

まぁ、私の感覚なので無視して下さい。段落ちモールドの方が格段に簡単です。

まずは素組みから

CIMG2333_convert_20120805141646.jpg


次に後ハメ加工後

CIMG2343_convert_20120805141955.jpg

CIMG2342_convert_20120805141927.jpg

上部と胴体側の開口を大きくして内部フレームが接着したあとでもはめ込めるようにしましたが、内部フレームがチラ見え(というかモロ見え?)してしまうので、賛否両論でしょう。わたしは内部フレームチラ見えとか好きなので、これでOK!


では、肩から前腕を加工前、加工後の順でご覧下さい。


加工前
CIMG2327_convert_20120805141553.jpg

CIMG2328_convert_20120805141615.jpg


加工後
CIMG2337_convert_20120805141831.jpg

肘のマルイチをHIQパーツのツインサークルIIに変更し、それによって出来た隙間をエポパテで埋めました。肩の一段凹んでいるモールドは開口。上腕部分の合わせ目には隙間を作ってみました。


加工前
CIMG2326_convert_20120805141521.jpg


加工後
CIMG2349_convert_20120805142051.jpg


上の画像を見てもやっぱり接着した方が良いと思う・・・

前腕の赤いパーツの楕円のモールドは綺麗に開口。

スジボリの追加等がまだ残っていますが、肩から前腕はこんな感じ。




と、今回もここでは終わりません!

もちろん、内部フレームも弄り倒しました。


それでは加工前、加工後の順でご覧ください。



加工前
CIMG2336_convert_20120805141808.jpg


加工後
CIMG2352_convert_20120805142116.jpg


加工後の内部フレームを拡大画像で。

CIMG2353_convert_20120805142142.jpg

何処を開口したかわかりますでしょうか?

次の画像で比べてみて下さい。

CIMG2334_convert_20120805141710.jpg


その他の拡大画像。

CIMG2354_convert_20120805142314.jpg

ちまちまと色んな所を開口しています。


CIMG2347_convert_20120805142024.jpg

この上の画像、エポパテの部分はポリキャップがモロ見えなので、パテで隠しました。ディティールはそのうち入れます(汗)


とまぁ、こんな感じです。先にも書いたようにスジボリは後で追加しますが、一通り全体の加工が終わったら、バランスをみてスジボリを追加していこうと思います。


今日はこんな感じ。次は何処を弄り倒そうかな?

ではでは。
スポンサーサイト

| MG マラサイ | 17:20 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。