FC2ブログ

模型開口堂

ゆっくりプラモデルを作っていきます。模型雑誌のコンテストにも定期的に参加していきます。

>> EDIT

ガンダム『ケストレル』③

今回からがホントの製作開始。

まずはRGストライクの内部フレームを素組み。

CIMG1879_convert_20120421232150.jpg

CIMG1881_convert_20120421232342.jpg



フェイス部分もRGストライクを使っちゃいましょう♪

これでフェイス部分の塗り分けが楽チンです~

フェイス部分の形状が少し違いますが、あとで修正すれば問題ないでしょう。

しかし、このストライクのフレーム、超カッコえ~!

このフレームの素組みだけでテンションあがっちゃいました~


このRGストライクの内部フレームにケストレルの外装を合わせていく訳です。

ケストレルの素組みとの比較

CIMG1880_convert_20120421232307.jpg


合わせれば結構スタイル良くなりそう♪

ちょっとRGストライクのフレームの方が小さいですが、その辺は強引に♪(無理くりかよ)



今回の製作は腕。しかも前腕だけ・・・



腕パーツと内部フレームの比較

CIMG1884_convert_20120421232441.jpg

CIMG1885_convert_20120421232512.jpg


ケストレルは関節がほぼ動かないので、関節部分をちょん切っていきます。手のパーツも使わないので、取っちゃいます。手首カバーもRGのものを使います。


まずは肘関節をエッジングソーなどで切っていきます。この肘関節のように前腕パーツと上腕パーツが離れている部分はエッジングソーで切断しても良いですが、パーツが接しているものは慎重に切断していきます。パーツが接している場合、私はタガネでスジボリを入れるようになぞっていき、最後はアートナイフで仕上げます。




パーツが離れたら、丁寧に切り離します。


で、慎重に切り離したパーツがこちら。


CIMG1886_convert_20120421232538.jpg

CIMG1887_convert_20120421232603.jpg


裏側には接続ピンがありますが、こいつも綺麗に取り除いていきます。こうゆう作業はリュウターか、超音波カッターがあれば楽にできるでしょう。

私は両方持っていませんが・・・

ちなみに一部ディティールを開口していますが、いつもの勢いで開口してしまった訳ではなく、ちゃんと意味があります。あとで説明します。

CIMG1888_convert_20120421232626.jpg

元パーツと比べると何処をどう弄ったか、分かると思います。


これをRGのフレームに強引にくっ付けていく訳です。

CIMG1889_convert_20120421232654.jpg

こんな感じに内部フレームが収まります。


完成イメージはこんな感じ。

CIMG1890_convert_20120421232724.jpg


今日はここまで。

次回はいつになることやら・・・



スポンサーサイト



| ガンダム『ケストレル』 | 05:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ガンダム『ケストレル』①

ごぶさたしております。

現在、ガンプラ王2012用にMGを作っています。最近になく、一生懸命製作しています。

が、今月号の電撃ホビーマガジンにガンダム『ケストレル』の付録キットが付いていて、なおかつ、


ガンダム『ケストレル』模型コンテスト


なる告知がありました。


参加部門は[ケストレル]に好きな色を塗る「カラーリング部門」と、[ケストレル]に強化オプションを追加する「武装追加部門」のふたつ。

私は 「武装追加部門」 で参戦予定。



〆切は6月4日(月)12:00(正午) 〆切が正午って・・・

なぜガン王にかぶった時期にやるのか意味がわかりませんが、A.O.Zのコンテストは全て参加したいと考えているので、参加表明をします!!

まあ、ガン王が5月10日〆切なので、ガン王用のMGが完成し次第、こちらに製作のメインを移していきます。

5月10日・・・ちょうどあと1ヶ月ですね・・・(汗汗)

ケストレルが6月4日に〆切で、6月9,10日がNIPCOM。マラサイはどうするの?って感じですが、5日間でマラサイを仕上げる感じかなぁ~(色々な方の突っ込みが聞こえてきそうですが・・・)


ケストレルはガン王と平行して製作していこうと思います。二兎を追うものは一兎も得ずとなりそうですが、ガン王メインでこちらは2の次くらいに考えています。

ガン王の製作だけですと飽きてしまうので、週一ペースの不定期に作っていこうと思います。こちらはブログにUPしていきますので、興味のある方は覗きに来て下さい。ただし、週一ペースの製作ですので、ブログUPも週一あるかないかくらいですよ。

では、次回からケストレルの製作を始めます~

| ガンダム『ケストレル』 | 06:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

HGUC ジムクゥエル①

制作記開始第一弾は HGUC ジムクゥエル です。

今年のコンテスト後の燃え尽き症候群も治まってきたので、プラモデル再開です。

とりあえず、プラモデルを制作する際の一連の流れをこのプラモデルで説明しつつ、

盛り込みたい模型技術や工具の話などを所々に記載していこうと思います~。

工作を始める前に参考となるイラストや作例などを用意します。

今回のジムクゥエルはA.O.Z版を参考程度に用意しました。

CIMG1102_convert_20111025221209.jpg

イラスト右のバイザーとバックパック装着のスナイパータイプもいいですなぁ~

まずは素組み。当然みなさんやってると思います。

CIMG0977_convert_20111025222036.jpg

素組みでもカッコいいと思いませんか?

HGUCの中でもトップクラスのカッコ良さです!!

私の場合、この時点で素組みキットを眺めに眺めます。

おそらく2~3日位は眺めています。脳汁出まくりです。

すると、だんだんあそことあそこがちょっと気になるなぁ~となります。

今回の場合は下腿が太い。それに伴い大腿も太い。

前腕の形状があんまり好みではない。など、気になってきます。

そこで、思い切って前腕~上腕、大腿~下腿をジムカスタムに交換します。

するとこうなります。

CIMG0941_convert_20111025221914.jpg

改造的にはかなりベタですが、大分良くなってきました。

今日はここまでです。 

| HGUC ジムクゥエル | 18:45 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |