模型開口堂

ゆっくりプラモデルを作っていきます。模型雑誌のコンテストにも定期的に参加していきます。

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

第5回NIPCOM展示会

第5回NIPCOM展示会に出展参加してきました。

運営に携わった方は本当にお疲れ様でした。大盛況に終わり、非常に楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました。



展示会で気になった写真をUPします。

ちなみにここで掲載する写真は私が個人的に気になった写真のみですので、全部の写真は他の方のブログ等で確認してください。素晴らしい作品だらけでしたが、全部掲載する訳にはいかないので・・・

特に新潟の常連さん達の作品は全く載せてませんが、素晴らしい作品が多いですので、他のブログでぜひ見てみてください。



では作品の紹介。

まずは9日(土)に遠く宮城から参加してくださった方々の作品から


作者 : BO-Z氏

BO-Zさんのブログはこちら

http://blog.goo.ne.jp/bo-z30


CIMG2106_convert_20120611061756.jpg

この作品の曲線のスジボリが気になったので、本人に聞いたところ、ガイドテープをアートナイフで曲線にフリーハンドで何回も切って、その中で上手くいったものだけを使って、そのテープガイド下にスジボリを入れているそうです。うまくいくまで何回もやり直すあたりに凄さを感じます。次は自分でも試してみます♪

CIMG2148_convert_20120611063351.jpg

このビグザムも旧キットを芯にしているらしいのですが、全然わからね~~。凄くカッコ良かったです。



作者 : キンドー氏

キンドーさんのブログはこちら

http://moezoukei.blog129.fc2.com/


CIMG2132_convert_20120611062107.jpg

CIMG2130_convert_20120611062031.jpg

この2体のガンダム、製作途中ですが、凄い作りこみのポリパテの塊です。特に足の脛裏の部分は鬼でした。

その脛裏の画像がこちら

CIMG2145_convert_20120611062204.jpg

CIMG2138_convert_20120611062137.jpg

この作品の元になったイラストがこちら

CIMG2159_convert_20120611062305.jpg

CIMG2160_convert_20120611062335.jpg

このイラストを見ちゃうと完成作品を早く見たくなりますねぇ~

最後に芯になっている部分の画像も特別に見せてもらっちゃいました~

CIMG2153_convert_20120611062235.jpg

キンドーさんにはフルスクラッチを強く勧められましたが、私などに出来るのか?いつか挑戦してみます!



作者 : MASA氏

みちのく3人目はMASAさんです。私のブログでは何度も登場している凄腕モデラーです。


CIMG2110_convert_20120611061912.jpg

CIMG2126_convert_20120611062001.jpg


このケンプファーも凄かった!かなり前の作品と聞きましたが、凄く新鮮でした。頭部の形状やスジボリの入れる場所、スジボリの全体的バランスなど見所満載で見いっちゃいました。

実はこのケンプファー、RRM展示会の時にNIPCOMに持って来て下さいとお願いしてました。今回お越しいただくだけでなくケンプファーも本当に持って来てくれて、ありがとうございました。

次回の『みちもで』でも1つお願い事をしてますので、楽しみです♪



つぎは今回も福島から参加していただいたRRMのモデラー集団から


作者 : たみー氏

たみーさんのブログはこちら

http://blogs.yahoo.co.jp/sopp0310/folder/1024228.html


CIMG2194_convert_20120611062555.jpg

これね、デカールも素晴らしいのですが、その色合いが素晴らしかった!ブログで見るより凄く良い色、バランスでした。ガン王に出してるそうなので、入賞を心待ちにしております。



作者 : maichi氏


maichiさんのブログはこちら

http://ameblo.jp/maichi-rrm/

CIMG2195_convert_20120611062634.jpg

まさかこの短期間でビネットにしてくるとは!製作早っ

この作品もトリントンコンペに出してくれたんですが、唯一ビネットでの参加なので、ちょっとジオラマからはみ出した部分での展示になっちゃってました。それが小学校のプールのようで可愛かった(失礼)

maichiさんは今回すごくお疲れのようで元気無かったな・・・


RRMさんは大勢で来ていただき、団結の良さを感じました。それにかなりオモロイ方もいることが分かり、次回お会いできるのが楽しみです




次に新潟が誇る凄腕モデラー

作者 : かえるたろう氏


CIMG2188_convert_20120611062403.jpg

CIMG2191_convert_20120611062459.jpg

CIMG2190_convert_20120611062430.jpg

かえるたろうさんは雑食モデラーで現在はマシーネンを主に製作されていますが、ガンプラの腕は新潟で1・2を争うくらいの凄腕モデラーです。久しぶりに展示会に参加してくれて、しかもガンプラの最新作を持ってきてくれたので、嬉しかったですねぇ~

このギャンも所々に小気味良いディティールが入っていて、さらに色のバランス感覚が秀逸です。また来年も参加してねぇ~~~





次に今回、新潟が誇るプロモデラー、ノモ研の著者でもある野本憲一さんが作品を持って参加してくれました~


作者 : 野本憲一氏

CIMG2201_convert_20120611062903.jpg

CIMG2203_convert_20120611063013.jpg

CIMG2205_convert_20120611063117.jpg

CIMG2202_convert_20120611062939.jpg

ちょっとカーモデルのことはよく分からないのですが、内部の作りこみは素人目にも素晴らしいです。

ノモケンさんは私達のサイン攻めにも笑顔で快く答えていただき、すごくいい人でした~

私もサインを貰ってしまった・・・(汗)



最後に今回の目玉、トリントン侵攻作戦コンペの模様。

CIMG2192_convert_20120611062528.jpg

CIMG2199_convert_20120611062736.jpg

CIMG2198_convert_20120611062703.jpg

約50機のプラモが並ぶジオラマは壮観でした。

私はというと約2日間ほとんど徹夜しても初日には間に合わず、2日目にようやく間に合うという不甲斐無さ。

一緒にマラサイを並べる予定だったSVXさんには本当に悪いことをしました(滝汗)ごめんねぇ~

このジオラマは展示会に来てくれた一般の方の反響が素晴らしく、出来れば来年も何かのコンペを開催してほしいものです。


次回のブログはギリギリ(本当はギリアウト)で間に合ったマラサイの画像を公開します~

スポンサーサイト

| イベント・展示会・その他 | 20:13 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

HGUC ザクⅡF2型+ドラッツェ⑦

帰ってきました~。無事に(笑)

モチベーションを上げて帰ってきたので、今日は1日結構プラモやりました。

ただ、全然進みません

今日はディティールを中心に作業しよう!ということで、

  MASAディティールに挑戦!!

っていうか、ずっと練習してたんですけどね・・・

1週間ぶりのプラモということもあってか、このディティールが難しいのか全然進みません!

では、MASAさんの代わりに解説します。(MASAさん、見てますか~?間違えてるところとか、追加したいところがあったらコメント下さいね)

まず、使うのは以前にも書いた通り

  ディバイダー と テンプレート

まずは、ディバイダー

CIMG1639_convert_20120123020646.jpg

ネットで調べると

コンパスの一種で,両脚とも針先になっているもの。両脚の開きで一定寸法を他に移したり,分割したりするのに使用。

と出ています。針と針で長さを測る道具です。

ちなみに私が使ったものは完全固定型のディバイダーで、真ん中のねじを回すと両針間の距離が変わるものです。

これがないと作業中に両針間の距離が動いて使いずらいと思います。(ちなみにMASAさんは距離を固定できないディバイダーでこのディティールをやっています。固定式でもむずいのに信じられないテクニックです)

私が今回使用したディバイダーは以前に職場でいただいたものなので、価格がわからないですが・・・

ネットで調べたら大体2000円しないで買える感じです。ちなみにこの固定できるタイプのディバイダーを

    スプリングコンパス 両針 と言うそうです。

これをプラモデルの縁に片側の針をあて、平行を保つように もう一方の針でけがいていきます。

CIMG1640_convert_20120123020726.jpg

で、けがいた後にタガネで線をなぞって仕上げます。(MASAさんはタガネを使わずにディバイダーのみでやっています。その方がMASAさんのように細いスジになるかもしれないので、これは参考までに)

できたものがこちら

CIMG1654_convert_20120123021416.jpg

普通、このディティールを左右両面、それも2個精度よく仕上げようとすると角度計・ガイドテープ・物差し・タガネといろいろな道具が必要で、なお時間がかかるでしょう。

ですが、今回ディバイダーと仕上げにタガネだけでスジを入れています。

CIMG1656_convert_20120123021445.jpg

CIMG1657_convert_20120123021511.jpg

CIMG1653_convert_20120123021311.jpg

こんな感じで左右両面さらに2個ともある程度精度よくスジが入れられます。

ですが、MASAさんが言っていたようにスジがよれやすく失敗の連続でした。そのたびに流し込み瞬着でやり直しました。これが時間がかかった原因です。



次にテンプレートです。

CIMG1638_convert_20120123020549.jpg

ハセガワの
 
 スグレモノ工具 TL2 テンプレート/エングレーバー セット  です。

MASAさんが言ってたの、このテンプレートですよね~?

このテンプレートをプラモデルに押しつけてケガキ針でけがいた後、タガネで仕上げました。

このテンプレートの裏側に両面テープを貼って使っていましたが、すごく難しいですね。テンプレートが動きやすいので、一生懸命押さえている間にけがくのです。手がプルプルでした。

ちなみにMASAさんは押しつけるだけでやってるそうですよ。


では今日のディバイダーとテンプレートによるディティールを見て下さい。

まずは素組みとの比較

CIMG1645_convert_20120123020838.jpg

CIMG1641_convert_20120123020800.jpg

1つずつじっくり見てやって下さい。

CIMG1647_convert_20120123020934.jpg

CIMG1646_convert_20120123020907.jpg

CIMG1648_convert_20120123021047.jpg

では、両方の足を一緒に

CIMG1651_convert_20120123021214.jpg

CIMG1650_convert_20120123021145.jpg

CIMG1649_convert_20120123021117.jpg

CIMG1652_convert_20120123021243.jpg

たぶんMASAさんにしか分からないと思いますが、7割くらいMASAディティールをパクってます。

100%パクるつもりでしたが、1/144だからか、MASAディティールが凄すぎるせいか、7割しか再現できませんでした・・・(かなり端折ってしまった)

以前にも書きましたが、私は パクる = リスペクトする

と考えています。ですが、あまりにもやり過ぎで気に入らないときはコメント下さい。

ただ、今回すごいディティールを真似したことで、自分のスキルも上がったと感じました。まだまだ、精進していかなければと感じましたね。それくらいすごいディティールです。

このディバイダーでのスジボリは曲面で威力を発揮すると感じました。

みなさん、練習して曲面に使うといいですよ~!!

| HGUC ザクⅡF2型+ドラッツェ | 06:28 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

第4回RRM展示会レポート②

第4回RRM展示会レポートのつづきです。



作者:はいど氏

【1/100 スタークジェガン】

CIMG1401_convert_20111226081929.jpg

CIMG1402_convert_20111226081958.jpg

このスタークジェガンはフルスクラッチでしょうか?ガレキ?作りが非常に綺麗なのでフルスクラッチなら半端ないテクです。

【MG ダブルオークアンタ】

CIMG1376_convert_20111226080445.jpg

この作品も塗りが綺麗で色の配色がすてきです。




作者:EIJI氏

【MG リゼル】

CIMG1377_convert_20111226080522.jpg

CIMG1379_convert_20111226222124.jpg

リゼルをあえて飛行形態での展示というのが粋ですねェ~。よく見ると細部もきっちり仕上げてあり、好感が持てます。ロボット形態も見てみたいです~

【1/2400 旧キットグワジン】

CIMG1388_convert_20111226081259.jpg

CIMG1389_convert_20111226081415.jpg

小さいキットにさらに細かいディティールを追加している力作です。




次に紹介するのはブログでは何度か作品を拝見したことがある、どろぼうひげさんです。

ブログでもすげーと思って見ていましたが、生でみると感動します。遠目でみると「本物か」っていうくらいの出来です。たぶんこの方の作品はUSBスコープに耐えられる作品でしょう。

どろぼうひげさんのブログはこちら http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/

作者:どろぼうひげ氏

【1/48 タイ・ファイター】

CIMG1390_convert_20111226081454.jpg

CIMG1391_convert_20111226081530.jpg

ホントにすげーっす。細かい作業の積み重ねがすばらしい作品を生むと考えさせられました。まったく隙がありません。

【1/800,000 Death Star 2】

CIMG1392_convert_20111226081619.jpg

CIMG1394_convert_20111226081654.jpg

CIMG1395_convert_20111226081731.jpg

CIMG1396_convert_20111226081807.jpg

なんでしょう。開いた口が閉まりません。チョーこまけー。超細かいのに隙がない。なんでしょう。細かい部分をずっと見てたくなります。これぞ超絶作品でした。

どろぼうひげさんはほんの少しだけお話をさせていただきましたが、物腰の柔らかいすごくやさしい方でした。すごいモデラーは性格もすんばらしいんですねェ~




おおとりに紹介するのは宮城から来ていたMASAさんです。たみーさんのブログやオラザクの入賞作品を見て、いつかお会いしたい、いつか作品を生で見たいと思っていたのが今回色々とお話しできました~(maichiさんありがとう!)

作者:MASA氏

【GYAN】

CIMG1369_convert_20111226082927.jpg

CIMG1370_convert_20111226083028.jpg

CIMG1406_convert_20111226083315.jpg

これはみなさん御存じのとうり、今年のオラザク ガンプラ部門銅賞の作品です。MASAさんは超いい方で、GYANの装甲まではずして見せてくれました。このGYANはぱっと見で元キットとかけ離れていると思ったが、装甲をはずすとちゃんと中身はGYANがしっかりと入っていました。元キットをしっかり活かしつつ、自分の色を出すというのは自分のめざす方向でもあるので、共感がもてました。

【GUFU CUSTOM】

CIMG1372_convert_20111226233045.jpg

CIMG1373_convert_20111226083214.jpg

このグフカスも無骨な感じで超かっこいいです。ディティールも超絶で、私が見たスジボリで一番綺麗なスジボリでした。線が正確で隙がありません。聞くとやはり何度もやり直し、納得するまでやるそうです。そのこだわりがこの超絶作品を生んでいます。あと、スジボリの仕方も教わってきました。キーワードはディバイダーとテンプレートです。今後自分の作品にもMASAディティールを取り入れていきます!!MASAさん色々と教えていただき、ありがとうございました。このご恩は作品で返します。MASAさんも物腰の柔らかい、すごく優しい方でした。ぜひ、新潟の展示会も遊びにいらしてください。

いや~RRM展示会、ものすごい作品、ものすごいモデラーのオンパレードでした。行かれなかった方はぜひ来年こそ行きましょう。最高ですよ~。ではでは。

| イベント・展示会・その他 | 00:50 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。