模型開口堂

ゆっくりプラモデルを作っていきます。模型雑誌のコンテストにも定期的に参加していきます。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

零式⑦

おひさしぶりです。死亡説が流れそうな位ブログ更新してませんでした。

ブログは書いてなかったけど、ほぼ毎日模型はしてました。

が、オラザクは・・・スルーしちゃいました。

原因は・・・細部に拘りすぎたためです。時間が全然足りませんでした。

まぁ、しょうがないですね。



それはそうと・・・

少し前にブログのコメント欄に結構キビシ目のコメントいただきました。名前が無かったので、アドバイスなのか、批判なのか最初は悩みましたが、今はいい意味でアドバイスとして受け取っています。

今回のコメントで、昔の事を少し思い出しました。

新潟にIさんというモデラーさんが居まして、その方は私の作品を見ると、毎回辛口コメントをくれる方でした。アラ探しが得意というか、すごく細かい部分にも指摘してくれる方でした。

最初はメンドクサイ方だなぁ~と思っていましたが、段々『Iさんに認められるというか、Iさんにアラを指摘されない作品を作ろう』なんてモチベーションになりまして・・・

その後、何度か作品を見てもらうのを繰り返して・・・MG Zを見せた時に初めて『これなら何処に持って行っても恥ずかしくない』みたいに言われて、凄く嬉しかった。

それからすぐにIさんが急な病気で他界されて・・・。



今回のコメントは少しだけIさんを思い出させてくれたので、ちょっと嬉しかったりしました。

Iさんの辛口コメントは確実に私の模型を成長させてくれたし、アラをトコトン消す習慣をつけてくれました。それが、最近は締め切りに追われて、少し弛んでいたのかもしれません。

それを今回のコメントが教えてくれたような気がしましたし、久々にIさんに会えた様な気がしました。

私は今でもIさんに感謝してるし、周りの親しいモデラーさんに意見を求められると細かいアラを指摘するようにしています。

私がIさんにしてもらった事を誰かにしてあげたいという思いから、そうしています。Iさん程の影響力はないかもだけどね。



ちょっと話が長くなりましたが、零式です。



アーマーの裏を拘って製作しましたので、ご覧下さい。


まずはフロントアーマー裏。

DSC00398_convert_20130920222458.jpg

DSC00399_convert_20130920222541.jpg

このフロントアーマーで7枚のプラ板積層





次にリアアーマー裏。

DSC00400_convert_20130920222615.jpg

DSC00401_convert_20130920222640.jpg

リアアーマーは10枚のプラ板積層。



サイドアーマー裏。

DSC00404_convert_20130920222724.jpg


サイドアーマーの裏は組んでしまうと分かりずらいので、製作途中の画像をば。

DSC00405_convert_20130920222755.jpg




全てのアーマーを組んだ状態がこれ。

DSC00412_convert_20130920222858.jpg



まぁ、見えない部分なんですが、拘りたいので、製作してみました。

今回、アーマー裏をプラ板積層で製作しました。

ただ、今回は1/144ということで、プラ板積層を埋め込む深さが浅いんです。

ということで、いつもは0.3mmのプラ板の積層なんですが、今回は0.2mmのプラ板の積層にしてみました。

フロントアーマーは7枚の積層なんですが、0.2mm×7枚=1.4mm厚。実際のフロントアーマーが1.5mmの深さだったので、7枚の積層にしました。実際は接着剤等で厚みは増してるかもしれませんが、上手くはまってくれました。

ここで、0.2mmのプラ板での積層をした感想なぞを。

利点としては①何枚か重ねて積層しても厚みが抑えられる。②やはり薄いので、切除性は良い

反面、欠点としては、曲がりやすい、折れやすい、切りすぎてしまう、接着剤で溶けやすい等々、難しさは0.3mmよりかなり上がりました。

0.2mmの積層をマスターすれば、0.3mmが楽になるかな?なんてね。

接着剤で溶けやすいのはプラ板の材質の問題かも?溶けやすい(むにゅってなりやすい)ので、流し込み接着剤を流し込んだら押さえつけないのがコツです。プラ板積層ではこのむにゅってのが積層の段ごとむにゅってなっちゃうので、注意が必要です。

接着剤も乾燥の速いクレオスのMr.セメントSがおすすめです。

今度、タミヤ以外の0.2mmプラ板も試してみよう。




あと、バインダーもSVXさんや拓さんにアドバイスを貰って、自分なりに変更してみました。


バインダー。

DSC00417_convert_20130920222953.jpg

DSC00407_convert_20130920222824.jpg

DSC00396_convert_20130920222353.jpg



と、こんな感じで製作。バインダーの裏側にもプラ板積層を用いてみました。時間の掛かる作業の連続で、オラザクには間に合わず・・・


この零式は何処に出そうかしら?


まずはRRM展示会に向けて製作を続けていきます~~


ではでは。




スポンサーサイト

| 零式 | 22:47 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

零式 ⑥ 一旦完成。

NIPCOM当日までかかった零式を公開します。

このあと、オラザクに向けてもうちょっと弄りたかった部分を中心に手を入れていきますので、この機体はver.NIPCOMということにしておきます。

オラザクまであと1カ月。祭りは参加しないとね。

製作中にあと1カ月あればなぁ~~。と、思っていたので、これから頑張って製作します~~


では、ご覧くださいませ。


零式 ver.NIPCOM




まずは全身像。


DSC00366_convert_20130729041841.jpg

DSC00369_convert_20130729041950.jpg

DSC00371_convert_20130729042022.jpg




ここで、バインダーを可動式にしましたので、バインダー展開時。


DSC00376_convert_20130729042227.jpg

DSC00375_convert_20130729042200.jpg

DSC00373_convert_20130729042127.jpg


次に内部フレーム画像。


DSC00230_convert_20130729050346.jpg

DSC00231_convert_20130729050418.jpg

DSC00232_convert_20130729050439.jpg



細部の画像。

DSC00384_convert_20130729042631.jpg

DSC00385_convert_20130729042712.jpg

DSC00381_convert_20130729042520.jpg

DSC00380_convert_20130729042452.jpg

DSC00383_convert_20130729042607.jpg

DSC00382_convert_20130729042544.jpg

DSC00378_convert_20130729042358.jpg

DSC00379_convert_20130729042426.jpg


と、まあ、こんな感じです。

製作期間約1.5カ月のやっつけ仕事でしたが、形に出来ただけでも満足。

ここからは、オラザクに向けてこのキットが仮に零式のHGUCだと仮定して、それをディティールUPしてRGと並ばせても遜色ないくらいまでに持って行きたいですね。


と、ここでこのブログを見に来てくれているモデラーさんにお願い。今後の製作にむけて、突っ込み所満載だと思いますが、実際ここをこうした方がいいんじゃない?的なご意見をいただけないでしょうか?

色んな方のご意見をお待ちしております。気兼ねせずにドンドンあーでもない、こーでもないと言って下さいませ。


では、最後にお気に入りの写真をば。

DSC00377_convert_20130729042331.jpg


次回はRG ガンダムMk-Ⅱ 完成編です~~~~

| 零式 | 06:03 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

零式 ⑤

7月21日(日)にはNIPCOM展示会が行なわれます。遠方からお越しの方は道中気をつけてお越し下さい。

にしても、時間的にヤバイデス。


ヤバイ、ヤバイ、ヤバイと唱えながら毎日製作しております。最低、形にして色を塗る。このくらいはしないとシャレにならんです。

あと2ヶ月くらいじっくり製作したかった・・・。そうゆう機体です。まぁ、これが限界だったと諦めます。

ディティールにも拘りたかった・・・。




愚痴っててもショウガナイので、製作記です。

このあと表面処理に入るので、製作記は今回で終了。NIPCOM前に完成しても画像公開はNIPCOM後になるので、ご了承くださいませ。

っていうか、NIPCOMまで完成品を見に来て下さい。お待ちしております。


今回は バックパック と 頭部


どちらも苦労しましたよ。



まずは 頭部 。


設定画。

DSC00223_convert_20130716065317.jpg


製作した頭部。

DSC00212_convert_20130716063832.jpg

DSC00215_convert_20130716064137.jpg

DSC00216_convert_20130716064222.jpg


頭部はRG Zの物を切った貼ったして製作。だいぶ形状が違うので、苦労しました。

苦労した割にあんまり変わってない・・・

ちょっと弄った部分が汚いですね。あとで整形しておきます~~



次に バックパックとバインダー 

設定画から

零式バックパック_convert_20130702115000


製作したバックパック。

DSC00219_convert_20130716070605.jpg


バインダー。

DSC00220_convert_20130716064257.jpg


んで、合体。

DSC00221_convert_20130716064337.jpg


バックパックはHGUCネモの物がそのまま使えそうかな?なんて思っていたら、全然形状が違うという・・・

プラ板で新規に作った方が良かったかも?

バインダーとの接続も色々と流用キットを検討しましたが、考えてる間にプラ板切った方が早いわ~って事で新規に作りました。

バインダーもさすがに流用できるキットがないので、プラ板にて新規に作りました。ここも、もうちょっと時間を掛けてじっくり作りたかったよ(涙)



いつもなら、全身画像もお見せしたいのですが、他のパーツは表面処理に入っているので、お見せできませんでした。スンマセン。



NIPCOMまで あと5日 。


あと5日で表面処理と塗装。デカール。クリア・・・終わらない・・・


このままだと前夜祭でノンアルドリンク飲んで、帰ってから徹夜で塗装という地獄が待っています。

出来れば・・・前夜祭で おいしいお酒が飲みたい!!

ではでは。

| 零式 | 06:31 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

零式④

7月に入っちゃいましたね~~。

21日(日)にはNIPCOMが開催されますが、今回初めて運営に参加させてもらってます。しかし、運営は大変ですね。RRM展示会やみちもで等、参加はしてても裏方はしたこと無かったので、大変さが少しだけわかりました。継続していく運営の方はスゴイです。その凄さに甘えるのではなく、感謝しながら今後は展示会参加していこうと思っております。

少し話が長くなりましたが、零式です。


今回は予告どおり 脚部 です。

いや~~予想はしてましたが、脚部も難航しましたわ。


まずは瀧川デザインの設定画。

零式脚部正面「_convert_20130701114826

零式脚部背面_convert_20130701114931



次に製作した脚部。



内部フレーム。

DSC00210_convert_20130705070127.jpg

内部フレームは基本RG Mk-Ⅱに足部だけRG Zのものを強引に接続。


製作した脚部。

DSC00209_convert_20130705070047.jpg

大腿部はHGUC百式の物。下腿部はほぼRG Mk-Ⅱで外側の装甲部はRG Zの物をかなり幅つめしてから形状変更して使用。後のスラスターカバーはRG Zの物を形状変更して使用。スネ前方はRG Mk-Ⅱの物にプラ板で形状変更。この部分の形状は後にふくらみがあったりして、びみょうに手こずりました。スネ後方はHGUCジム改の物を形状変更してからプラ板を貼りました。足部はつま先をRG Zの物を形状変更して使用。踵(かかと)はプラ板から新規に作りました。この踵も微妙に膨らみがあったりして手こずりました。


頑張って設定画に近づけてみましたがいかがでしょうか?

今回、苦労したのが踵(かかと)。

やってはボツ。やってはボツ。・・・かなりやり直しました。時間がかかった、かかった。



やっとこ上半身下半身と出来ましたので、全身の画像をば。


DSC00206_convert_20130705065847.jpg

DSC00207_convert_20130705070012.jpg



こんな感じです。


次回はバインダーか、頭部を予定しております。どっちもムズイ・・・

| 零式 | 07:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

零式③

私にしては短期間の更新が続きます。どんどん製作しないと・・・

最近は夜は仕事で疲れてすぐ寝てしまう。ただ、朝4時か5時に起きては1~2時間はプラモってます。完全朝プラ派ですね。

なんか、朝の方が集中力が高い気がする。

ただ、集中しすぎて遅刻しそうになりますが・・・


さて、零式です。

最低でも今月中には脚部までは完成させたい・・・




今回は 腕部 。



まずは設定画。今回も自分用に画像大きめで。


零式ude1

零式ude2



次に製作した腕部。


内部フレーム。

DSC00205_convert_20130626055759.jpg



外装を被せた状態。

DSC00204_convert_20130626055730.jpg




前回ブログのmaichiさんへのコメ返しでも書きましたが、この零式の肝は

 胴体・肩・バインダー・顔 だと思うので、

今回の腕部では特に肩の形状に拘って製作。

肩はHGUCリックディアスの物をかなり切った貼ったして設定画に近づけました。

大きさをかなり小型化して胴体とのバランスに配慮したつもり。

内部フレームはRG Mk-ⅡのものにRG Zの上腕と前腕を形状変更して無理くり接続しました。



では、胴体と接続した上半身の画像を。

DSC00203_convert_20130626055655.jpg

DSC00201_convert_20130626055526.jpg



こんな感じです。


ちなみにこの前、拓さんとSVXさんとお茶した時に『胴体はもっとくびれてなきゃダメ!!』とお叱りを受けたので、削り込みました~~~

2人ともくびれた腰つきが好きなようです(笑)




次回は脚部を予定しております~~。

| 零式 | 06:05 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。