模型開口堂

ゆっくりプラモデルを作っていきます。模型雑誌のコンテストにも定期的に参加していきます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

MG マラサイ ①

MGマラサイ製作開始。



今回からコンテストに囚われることなく、自分の作りたいプラモデルをトコトン作りこむスタイルに変更します。

もし、製作したものがタイミング良くコンテストに出せたら、出したいと思います。

で、その第一弾がMGマラサイです。

HGUCマラサイ作ったばっかりじゃん!というツッコミが聞こえてきそうですが、HGUCマラサイに内部フレームを組み込んでMGマラサイを作った気分だけ味わおうなんて考えていたら、やっぱりMGを作りたい!!って、なっちゃいました~

一度HGUCを作っているので、MGならではの製作に拘りたい。ということで、1/100というサイズに見合ったディティールをHGUCマラサイの時のディティールに追加していこうと考えています。

さらに、MGと言えば、内部フレーム。内部フレームにも今回はトコトン拘っていきます!



今回の作品で参考にする作品、イラストは・・・



まずは前回製作したHGUCマラサイ(お前の作品かよ!)


CIMG2174_convert_20120611231156.jpg

CIMG2215_convert_20120612192536.jpg

最低限、このHGUCの精度よりは良い物を作りたい。ただ、自分の作品なので、完全に似た作品になると思いますが・・・



そしてイラストは前回も参考にした藤岡建機氏デザインのマラサイ

CIMG1804_convert_20120224233125.jpg


さらに滝川虚史氏のデザインが機動戦士Ζガンダム Defineにて発表されたら、そちらのデザインというかディティールも組み込んで行きたいなと。


さて、製作ですが、トコトン作りこむことが前提ですので、ブログの更新もゆっくりですし、製作もゆっくりですので、ご勘弁を。


今回製作するのは頭部から胸部・胴体部。頭部から胸部・胴体部も1回のブログでは終わらないので、あしからず。




まずは頭部。


この頭部ですが、塗装の弁を考えてか、クチバシの動力パイプの後側に合わせ目がきています。どの雑誌作例をみても後ハメ工作していないので、私以外は気にならない部分なのかもしれません。

ちなみに箱絵にもちゃんと合わせ目がスジボリのように入っています。

箱絵がこちら

CIMG2226_convert_20120626211826.jpg



私は気になったので、後ハメしてみました。

ついでにクチバシの形状が動力パイプの入り口でカクンと折れ曲がっているので、黒瞬着でなだらかにしてみました。

今回から黒瞬着にはシアノン 瞬間強力接着剤 DW(白)を混ぜて使用しています。

シアノン 瞬間強力接着剤 DW(白)がこちら

CIMG2225_convert_20120626211722.jpg



この2つの瞬間接着剤は同じ種類の成分が入った接着剤らしいので、混ぜても問題ありません。黒瞬着だけだと硬化後に凄く硬くなりますが、混ぜると切除性がよくなります。シアノンの白だけだと硬化後に作業の進み具合が分かり難いので、混ぜることにより欠点を補えると思います。

ちょっと使い続けてみます。



あと、モノアイスリットの幅を狭くして目つきが鋭くなるようにしています。

ディティールはHGUCの時と同じように開口。あとでメッシュを裏から貼ります。

頭部の襟?の裏側も今回はごちゃっとさせようと考えています。前回はメッシュが丸見えだったので。

改修した頭部の画像がこちら


CIMG2223_convert_20120626211623.jpg

CIMG2230_convert_20120626211949.jpg

CIMG2224_convert_20120626211655.jpg




頭部に関しては今のところこんな感じ。




続いて胸部・胴体部。


胸部のディティールもHGUCと同じように開口。凸部分を開口する方向で。

胸部のオレンジ色のパーツは形状を変更して、顎が引けるようにしています。さらにHGUCでは入れなかったディティールもこれでもかと入れてみました。ほぼ、ディバイダーにてスジボリ追加。

胸部の横にもディバイダーでスジボリを追加。丸穴にはあとでディティールUPパーツを埋め込み予定。

胴体部は前傾姿勢を維持するように改修。さらに前傾姿勢時に出来る隙間をエポキシパテで埋めています。

改修した胸部・胴体部がこちら

CIMG2229_convert_20120626211924.jpg

CIMG2227_convert_20120626213128.jpg

CIMG2220_convert_20120626211459.jpg

CIMG2221_convert_20120626211551.jpg





現在、胸部と胴体の内部フレームを弄り倒しています。

さらに首周りを今回ごちゃっとしようと思っています。

次回にはもう少しディティールの追加した頭部から胸部・胴体部の画像をお見せしたいなと・・・

次回の更新も少し空くかもしれませんが、たまに見に来て下さい。

ではでは。




オイ!寺澤!このくらいの製作でこんなにブログが滞ってるのかよ!と思った貴方。

そうです。こんなに滞ったのは理由があります。

それはNIPCOMでキンドーさんにお会いし、その作品に触れてしまったことが原因です。

そうなんです。エポキシパテにドップリ首まで浸かってしまいました。


エポパテ工作オモロイ!!

では、キンドー氏の影響を受けまくった工作をじっくりとご覧下さい。


CIMG2227_convert_20120626213128.jpg

CIMG2228_convert_20120626211856.jpg

どうでしょうか?

エポパテ工作を始めたばっかりにしては良いかなと自画自賛。ただ、今回、ウエーブの軽量パテを使ったら、欠け易いので、修正に時間がかかってしまった。切除性は良いが、強度が足りない。

誰か良いエポキシパテを知りませんか~~~??

| MG マラサイ | 21:55 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

MGマラサイ

やっぱり凄い方の作例は、凄いっす!
パーツひとつひとつが既に作品です!

ボクはマラサイが初MGだったので、小型化すると言う変な改造してしまいましたが、これからはMGも勉強したいと思います☆

| キルバーン | 2012/06/26 22:14 | URL | >> EDIT

エポパテ部分の精度がすごいですね。
しかも見えないトコだし!(笑
エポパテですが、キンドーさんはタミヤ使ってるそうです。
完全硬化まで1年と言ってましたけど(笑
おれは「エポパ」メインに使ってます。
まえは2種を半々で混ぜてましたが、最近は目の細かい方だけ。
片方が軽くて削りやすいけど目が荒くて、片方が目が細かくてかたいんじゃ無かったかな?

| たみー | 2012/06/26 22:49 | URL |

こんばんわ。

すげー!!内部、超かっこいいです!
そうですよね~、キンドーさんのすごいですよね~(私は実物にはお目にかかれていませんが)。
terasawaさんのブログで見てからキンドーさんのブログもリンクさせてもらいました。
すごい人がすごい人の影響を受けてもっとすごくなるところに居合わせてしまった感じです(いや、居合わせてはいないんですけど)。

| あば | 2012/06/26 22:55 | URL |

また細かい細工をー。
でもエポ造型っておもしろいですよねー。

言っときますがアタクシの工作なんて、ここまで拡大して写真撮ったら見れたもんじゃねーですのよ。
閉鎖したHPの画像でも、細部の拡大画像がなまら少ないって指摘されたことあるしぃ(泣)。

会場でもお話させていただいたみたいに、やっぱりterasawaさまみたいに基本工作がしっかり出来る方は、それだけでアドバンテージがある訳ですよやっぱり。

ちなみに、
割れ欠けが少ないのはタミヤエポ(即硬化。高密度は加工しづらい)を硬化開始4~5時間程度のところで作業するとあまり気にしないで作業できます。
ただかなり弾力が残ってるので慣れが必要かもです。
それにそもそも重いから可動物には不向きかも。
ウエーブエポでも軽量だったら3~4時間程度で作業すれば、意外と欠けなかったりしますよ。
ただし簡単に言うと「半生」状態で加工する訳ですから、作業中にパーツが歪みますのでその辺注意って感じでしょうか。

それとー。
アタクシも試したことがありますが、「熱による強制硬化」は恐ろしいほどパテがもろくなりますので、細部加工には不向きだとアタクシは思います。

たみーさんが言ってる「完全硬化まで1年」っていうのは、1~2年経つとデザインナイフなんざ歯が立たない状態になるっていう意味で、アタクシみたいなバカみたいな使い方(30Cmオーバーをエポオンリー造型)をしない分には普通の硬化時間で問題ナッシングでございます。

| キンドー | 2012/06/26 23:53 | URL |

コンテストにとらわれず、その時自分の作りたい物を作る姿勢、大賛成です。自分も常にそうしてます。
ただ締切とかないのでズルズルになってしまうことが多々ありますが^^;

って、エポパで内部フレーム、どんだけすごいんですかーっ!
驚愕です。自分には絶対真似できません・・・

エポパテへの開口もプラと同じように最初裏をうすくしてからナイフで開口してはるんですか?
いつも思うんですけどどんなふうにして工作が進んでいくのか作業風景を一度見てみたいです。

| Jonipon | 2012/06/27 07:05 | URL |

Re: MGマラサイ

キルバーン様

お褒めの言葉ありがとうございます。

MGは勉強になりますよ~。凄いキットは素組みだけでも大変です。ただ、気を付けないといけないのはパーツの合いがシビアなものが多いので、接続ピンを斜めにカットする等の処置をしながら素組みすると良いと思います。私は何度接続ピンを折ったことか・・・

キルバーンさんのマラサイ見ましたよ~~。マラGじゃないですか~~。あれは私が最初にやろうと思っていたのに~~(笑)(ウソ)

マラサイにガンダムフェイスはやっぱり似合いますね。新鮮です。ただ、白を基調としたカラーにした方が良かったかなと私個人的には思いました。

| K terasawa | 2012/06/27 09:52 | URL |

Re: タイトルなし

たみー様

エポパテの精度が出ているならうれしいですねぇ~~

たみーさん、見えないところを弄り倒すのが男ってものじゃないですか~(笑)

エポパテについて色々教えていただき、ありがとうございます。たみーさんはエポパテ改造派ですもんね。

やはり削りやすさと強度の2つの利点を持ったエポパテはないのか~~(悲)

また、色々と教えて下さいませ。

| K terasawa | 2012/06/27 09:57 | URL |

MGマラサイ始まりましたねぇ~。

納期に囚われないので、新しい工作にチャレンジしていて実に意欲的に楽しんでいるterasawaさんが想像できますよ。



因みにウチのマラ(?)は放置中、
しかし辞めた訳ではありません、よ。


今現在は地元の模型店で行われる、私の所属するS.M.Cで主催しました「水辺の生き物コンペ」用に、ちゃんと(!)ガンプラ作ってます。

| umezawa | 2012/06/27 09:59 | URL |

Re: タイトルなし

あば様

内部、超かっこいい。いただきました~~~

あざっす~~

キンドーさんとリンクしたんですねぇ。あの方の製作は為になります。実物を見たら、もう虜になってしまいました。少しだけ話せただけで、すごいヒントをいただき、エポパテ工作の楽しさを知ってしまった。あばさんも実物を見て、キンドーさんとお話すると刺激になりますよ。宮城の展示会に一緒にいきましょう♪

| K terasawa | 2012/06/27 10:05 | URL |

Re: タイトルなし

キンドー様

コメントありがとうございます。

キンドーさんの作品を見てから、エポパテ工作に夢中です。エポパテ苦手だったんですが、今は楽しくてしょうがない感じです。

そうですか~~、ウエーブの軽量パテなら3~4時間のところで作業すればいいんですね。歪みを気にしながらやってみます。

色々と教えていただき、ありがとうございます。今回のようにコメントでも今後も色々と教えて下さい!

でも、あれっすね。プラ板工作と違って、神経を使いますね。非常にデリケートな素材だと感じています。上手くいくと綺麗に仕上がり、自分でも驚いています。

キンドーさんレベルまで行けるように今後も精進していきます。

| K terasawa | 2012/06/27 10:39 | URL |

Re: タイトルなし

Jonipon様

エポパで内部フレーム、どんだけすごいんですかーっ。いただきました~~

あざっす~

コンテストに囚われない、すなわち〆切がないのは、じっくり作りこめる半面、ゆっくりしか完成品ができないでしょうね。

私が最近思うにじっくりと納得するまで作りこんだものでないと展示会等で人様に注目を浴びるような作品は作れないじゃないかと。自分自身、作品に愛を感じられないですし・・・

エポパテの開口に関して

プラ板と違い、エポパテの開口は意外にアートナイフがすう~~と入るので簡単ですが、ちょっとでも気を抜くと角が欠け易いです。すう~と入りすぎるので、要らない部分まで削りそうでドキドキする作業です。あと、カンナ掛けのような作業は向いていません。非常に繊細な工作。神経を使います。ですので、1日に集中して出来る時間も限られます。

Joniponさんも私と同じようにプラ板中心の工作だと思いますが、エポパテを使うとやれることの範囲がひろがりますよ~~

| K terasawa | 2012/06/27 10:56 | URL |

Re: タイトルなし

umezawa様

今はマラサイというより、エポパテを楽しんでいる感じです。超楽しい。

MGマラサイの内部フレームが簡素な物なのもあって、どんどん弄りたい部分が出てきます。終わるのに半年くらい掛かるペースで作業しています。先は長い・・・

「水辺の生き物コンペ」用って何作ってるんですか?まさかゼーズール?だと嬉しいんですが。完成したら、メールに添付して見せてくださいね。

ちなみにumezawaさんはHMEに行きますか?私は青森にかみさんの実家があるので、日にちが合えば行こうかと思っていましたが、1週間ずれていたので残念です~~

| K terasawa | 2012/06/27 11:04 | URL |

MGマラサイ

ありがとうございます☆

実は近藤和久先生の、グリフィン風にしようと思い、ガンダムの顔をはめたのですがMGのZなど持っていなかったので、旧キットの1/144マラサイ兜に余剰のAGEをはめました。そのため顔に合わせて色んな所が小さくなってしまいました。(^^; 白系も良いですね♪作りたくなってきましたぁ~☆

| キルバーン | 2012/06/27 12:06 | URL | >> EDIT

terasawa様

残念でしたv-292ゼーズールぢゃないんです
ハイゴッグなんですよ。

そうだ!!HMEね!!

休みが合えば観に行こうと思っています。
札幌近郊に住んでたら作品持ち込みたいですけどね。
仲間の可否も得なくてはいけないし、
道東在住の自分には叶わぬ夢・・・。(参加費も高いね~)

同じ道内とはいえ、札幌と釧路では3つぐらい県をまたぐ感覚です。四十路男にゃつらいぜ!!

| umezawa | 2012/06/27 13:37 | URL |

Re: MGマラサイ

キルバーン様

確かにマラサイにZガンダムのフェイスでグリフィン風になりますねぇ~

今度試してみてください。完成お待ちしております。

| K terasawa | 2012/06/27 15:01 | URL |

Re: タイトルなし

umezawa様

ハイゴックですか~~

umezawa流ハイゴックも楽しみですなぁ~

HME行けるといいですね。POOH氏とかの作品を生で見れたら、最高でしょうなぁ。私も行きたかった・・・

| K terasawa | 2012/06/27 15:04 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tera9876.blog.fc2.com/tb.php/78-30019ac6

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。